MacでUSBメモリのWindowsインストーラー作成

MacOS で USBメモリに Windows のインストーラーを作成したので、やり方を記事で残します。
ISO や IMG ファイルから、全部同じ方法で作成できるはずです。

一. USB メモリの初期化

USB メモリを初期化するためのデバイス名を先に確認します。

1. USB メモリのデバイス名確認

USB メモリを挿入して、接続されているディスクの一覧を確認します。

$ diskutil list
/dev/disk0 (internal):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                         251.0 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     314.6 MB   disk0s1
   2:                 Apple_APFS Container disk1         250.7 GB   disk0s2

/dev/disk1 (synthesized):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      APFS Container Scheme -                      +250.7 GB   disk1
                                 Physical Store disk0s2
   1:                APFS Volume Macintosh HD            138.4 GB   disk1s1
   2:                APFS Volume Preboot                 45.6 MB    disk1s2
   3:                APFS Volume Recovery                517.0 MB   disk1s3
   4:                APFS Volume VM                      2.1 GB     disk1s4

/dev/disk2 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:                            CCCOMA_X64FRE_ZH-CN... *16.0 GB    disk2

2. USB メモリ初期化

対象ディスク(/dev/disk2)を MS_DOS(FAT)形式で初期化します。

$ diskutil eraseDisk MS-DOS UNTITLED /dev/disk2

3. USB メモリのアンマウント

ISO ファイルを書き込む前に、USB メモリをンマウントしておきます。

$ diskutil unmountDisk /dev/disk2
Unmount of all volumes on disk2 was successful

二. ISOファイル書き込み

ddコマンドを使用して、ISO ファイルを書き込みます。

$ sudo dd if=./Downloads/Win10_1809Oct_Japanese_x64.iso of=/dev/disk2

三. USB メモリの取り出し

最後は、以下のコマンドで USB メモリを安全に取り出します。

$ diskutil eject /dev/disk2