Linux MinteでGoogle Driveをインストール

Linux Mint でも Google Drive 使いたいと思います。
開発環境に限らない話ですが、貴重な書類などはローカル環境に持つだけではなく、Google Drive や Box などのクラウドストレージにもバックアップして置くのが無難でしょう。
また、複数端末を持っていてもそれぞれ同期設定をしておけば、ファイルコピーなどの手間がかからなくなります。

Windows か Mac OS なら、公式から提供されているソフトを使えばいいですが、Linux 向けは提供されていないので、google-drive-ocamlfuse というパッケージを使います。
google-drive-ocamlfuse (Github はこちら)は、Google Drive をバックエンドとする FUSE ファイルシステムで、Linux 上で Google Drive をマウントして使えます。

Linux Mint は Ubuntu をベースにしているので、Ubuntu でも基本同じです。

パッケージインストール

PPA を追加して、google-drive-ocamlfuse をインストールします。

$ sudo add-apt-repository ppa:alessandro-strada/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install google-drive-ocamlfuse

Google アカウントの認証

下記コマンドを入力すると、ブラウザが立ち上がって Google アカウントの認証画面が開くので、メールアドレスとパスワードを入力して認証を通します。

$ google-drive-ocamlfuse

Linux ファイルシステムにマウント

マウント先ディレクトリを作成して、Google Drive をマウントします。

$ mkdir ~/GoogleDrive
$ google-drive-ocamlfuse ~/GoogleDrive

しばらく待ってから、ディレクトリの中身を覗いてみると、ファイルが同期されて、一般の Linux ファイルシステムのようにアクセスできることを確信できます。

$ ls -l ~/GoogleDrive

アンマウントするには下記のコマンドを使います。

$ fusermount -u ~/GoogleDrive

OS 起動時のマウント自動化

下記コマンドで「自動起動するアプリケーションの設定」を開き、 (gnome-session-properties) を起動し、以下のように追加する。

$ gnome-session-properties
  • 名前:google-drive-ocamlfuse
  • コマンド:google-drive-ocamlfuse /home/<ユーザ名>/GoogleDrive
  • 説明:(自由入力)