MacにHomebrewをインストール

MacではUnixコマンドやBashが便利に使えるので、私なら開発機としてWindowsよりMacを選びます。
MacにはHomebrew、MacPortsやFinkのようなパッケージマネージャーがいろいろ存在しますが、複数のパッケージマネージャーによるバージョンの混在は避けるべきだし、最近一番人気を得ているHomebrewで一本化した方がいいのではないかと思います。

以前はソースコードからのビルド、DMGパッケージインストールなどからバージョン管理もよく混乱していましたが、Homebrewを使ってからはかなり楽になりました。
MySQLやPHP、Composer、Gitなどを全部Homebrewでインストール及びバージョン管理をしています。

ところで、本記事ではHomebrewのインストール方法を書いておきます。

Homebrewの公式サイトは こちら

Homebrewを使うと、最初から入っているrubyやsvnとは違うディレクトリに新しくインストールされますが、コマンドの参照パスをそちらを優先するように設定することで、既存のソフトウェアに影響せず利用できます。

不要になればbrew uninstallで簡単に取り除けられます。

Homebrewのインストール

ターミナルを起動して、以下のコマンドを実行。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrewの問題チェック

brew doctorを打ち込む。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

上記のように「Your system is ready to brew.」と表示されたら問題ありません。

Xcodeのバージョンが古いと言われたた場合は、下記のコマンドでアップデートします。

$ xcode-select --install

Homebrewのバージョンが古いと言われた場合は、下記のコマンドでアップデートします。

$ brew update

Homebrewのバージョン確認

$ brew -v
Homebrew 1.1.9
Homebrew/homebrew-core (git revision f36e; last commit 2017-02-14)

以上で、Homebrewのインストールが完了しました。

次の記事 HomebrewコマンドまとめではHomebrewの使い方を紹介します。