Macでrubyの最新版をインストールする方法

Mac OSにはrubyがデフォルトでインストルされていますが、バージョンが古いので、最新版を入れたいと思います。最新版のrubyをインストールすると、またバージョン管理ツールが必要でしょう。
そこで使うのがrbenvというバージョン管理ツールです。
rubyにはrvm(Ruby Version Manager)というバージョン管理ツールがありますが、rbenvはrvmより軽量でコンパクトなコマンドラインツールであり、プラグインを入れることで機能拡張ができるのです。
また、rbenv本体だけではrubyのインストールできないので、ruby-buildも必要です。

現在のrubyのバージョン確認

まずは、デフォルトでインストールされているrubyのバージョンを調べています。

$ ruby -v
ruby 2.0.0p648 (2015-12-16 revision 53162) [universal.x86_64-darwin16]

rbenvとruby-buildのインストール

rbenvとruby-buildはHomeBrewを使ってインストールします。

$ brew install rbenv ruby-build

Homebrewについては下記の記事を参考にしてください。

rbenvの初期化スクリプトを.bash_profileへ追加

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

インストール可能なrubyのバージョン確認

インストール可能なrubyのバージョンはrbenv install --listコマンドで確認できます。

$ rbenv install --list
Available versions:
  1.8.5-p52
  1.8.5-p113
  1.8.5-p114
  1.8.5-p115
  1.8.5-p231
  1.8.6
  1.8.6-p36
  1.8.6-p110
  ...
  2.4.0
  2.4.1
  2.5.0-dev
  jruby-1.5.6
  jruby-1.6.3
  ...
  (以下略)

最新安定版のrubyをインストール

rbenv installコマンドで現在の最新安定版2.4.1をインストールします。

$ rbenv install 2.4.1

インストール済のrubyバージョンの確認

rbenv versionsコマンドで、インストール済みのrubyのすべてのバージョンを確認できます。

$ rbenv versions
* system (set by /Users/aiden/.rbenv/version)
  2.4.1

rubyバージョンの指定

rbenv globalコマンドで、環境全体でのrubyバージョンを指定できます。

$ rbenv global 2.4.1

rubyバージョンの確認

最後に現在有効なrubyのバージョンが2.4.1となっていることを確認できます。

$ ruby -v
ruby 2.4.1p111 (2017-03-22 revision 58053) [x86_64-darwin16]